おすすめリフォーム!既存の窓はそのままに、後付内窓で防音・断熱・結露対策!!



省エネ効果抜群!寒い冬を暖かく!暑い夏を涼しく!そんな快適な暮らしを実現する、手軽で効果の高い、後付内窓リフォームのご紹介をします。


施工は一つの窓につき約1時間(条件により異なります)。施工後は断熱性アップ、気密性アップ、防音性アップ、結露対策といいことづくめです。


寒い冬や、暑い夏とお別れしたい方、窓を見直す時期かもしれません。



熱の出入りの大半は窓からです

冬の暖房時、なかなか部屋が温まらないのは、窓から熱が逃げているからかもしれません。

研究によると、冬の暖房時、熱の多くは開口部(=窓)から流出していることが分かっています。

そのため、窓のリフォームは断熱性の向上に効果的なのです。



決め手は空気層

内窓を取り付けるとなぜ断熱性が向上するのか?


決め手は空気層にあります。


後付内窓は既存の窓を残したまま、新たな窓を内側に追加し二重窓にします。そうすることによって、既存の窓と後付内窓の間に新たな空気層ができ断熱性が向上するのです。


羽毛布団やダウンジャケットが暖かいことからも、空気の断熱効果はイメージできると思います。



完成までの流れ

1、お客様からご連絡を頂きます。

2、現地調査の日程調整をします。

3、取付希望場所の確認・採寸を行い、問題なく取り付けられるか確かめます。

4、お見積もりをご提示します。

5、お客様から工事依頼をいただきます。

6、工事日程の調整をします。

7、工事当日。一つの窓につき約1時間で取付が完了します。